2012年01月27日

心境

昨日はとても悔しく、悲しい気持ちになりました。
子どもの未来を考えるフリをして、スポーツを商売にしていると怒って言われてしまいました。
生徒は勝手に増やし、月謝は高くなり納得がいかないとのこと。
確かに説明が足りなかったのかなと反省しました。

素直なご意見で有難いですが、
怒って言われるとさすがにヘコみますね。
商売だなんてとても悔しいです。
あまりにも悲しく、悔しかったのですが、理解してもらえたらという想いも虚しく散りました。

僕は商売をやりたくてフットサル場を建てたのではありません。
全てに理解を求めるつもりもありませんが、順調なスタートに見える余り、取り巻く環境の変化に悩みも抱えています。

僕は消防士として6年間勤務しました。消防士として勤務する傍ら、サッカーやフットサルで成功を収めたいとの夢が覚めず、休日はほぼ全てトレーニングに費して過ごしていました。夢を追いかける余り、仕事に迷惑を掛けてしまうこともありましたが、それでも常に面倒をみてくれる先輩方には感謝の言葉しかありません。今でも僕の生活を心配してくれるなど、大好きなメンバーに囲まれた職場でした。当時の月収は40万円。それだけ大変な仕事でもあります。皆さんはプライドを持って仕事をしている。そんな中にいることが心苦しくもありました。

しかし夢を追いたいと考えて始めたフットサル場。
多くの反対を押し切って銀行やスポンサー、リース会社などから5000万円の借り入れをして始めました。
土地代は10年で6000万円。これだけを返せるのか不安はあります。
少子化が進む一方で成り立つのか見えない部分もありますが、これが商売目的であったら僕はやりません。
現在の月収は消防時代の半分以下。
休みはゼロ。
もちろん後悔なんてしてないし、むしろ初年度を乗り切るには計画以上の数字です。
コーチ陣の収入はプライベートなことなので避けますが、僕と夢を追って勝負してくれた最高のパートナーです。
彼らは楽な道など全く進んではいないし、苦しんで戦ってくれるからこそ、彼らに後悔は絶対にさせない。一緒に成功を掴みたいと思います。
それは子供達と一緒に叶える僕らの夢でもあって、お金だけの問題ではないんです。
あんまり悲しいこと言わないで下さい。


スクールの月謝が上がりました。
全40回という回数性になりました。
人数は30人迄です。
スタッフは2〜3人です。
コートは2面使用します。
スタッフの熱意はこんな感じです。


決して悪い意味ではなく、現状を他のスクールと比べて欲しいです。
人気が出たから変えるのではありません。

1年目は入会金ゼロ。とにかく皆さんにスクールを体験してもらいたかった。
2年目は当社が考える基準に設定を戻しました。
変化を続けて皆さんにご負担をお招きするつもりはありませんが、始まったばかりの小さな会社ですのでご迷惑をお掛けしてばかりで申し訳なく思います。

僕らはより多くの方々にご理解が得られるよう頑張ります。
若いからできないなんて言われたくない。

コーチ陣も夢を追って戦ってます。
子供達よ夢を追え!


夢は叶う。





posted by Takashi at 22:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。