2012年10月27日

想い

久々にガッツポーズを出した。
グラウンドやコートの外でガッツポーズを出したのは何年振りなのか記憶にないですが・・。
心の底からのガッツポーズ。
叫びたかった。
気持ちが伝わった瞬間に思えた。

指導者は、教えるだけなら3流。本人に気付かせて2流。
心に火をつけさせて1流。

押しつけであってはいけないし、指導者の自己満足で日々を終えてはいけない。
そして、僕達はその責任を全うし続けなくてはいけない。

口で言うのは簡単ですが、
子供達は指導者の姿勢や日常、その全てを真似して成長します。
答えは子供達が表現してくれるからこそ、

見てて下さい。
彼らの成長が僕達の全てです。

posted by Takashi at 01:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

目標

寒くなってきましたが、
今日もスクールにジュニアユースに頑張りましょう!

久々にこの時間に更新です。
今日は横須賀海軍カレー本舗のオーナーさんがフットサル場に顔を出して下さいました。
ライオンズのサポートを中心に、様々な協力をして下さる社長です。
気にかけて下さるなんて心温かい。

実は、僕自身は横須賀市内にフットサル場(できればサッカー場)を新設しようと考えて動いており、
その点でもご協力を頂いている心強い相談者です。
子供達の教育環境を広げるには、やはり活動場を広げるしかない。
少子化に悩む現代ではありますが、ライオンズスクールに入れない子供達が多過ぎる現状でもあり、
日々頭を悩ませています。

4月までに何とかしたい。
何とかします!
目標は言わなきゃ始まらない。

目標です。
頑張ります!
posted by Takashi at 15:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

10/19

書きながら寝てしまった。。
ので1日遅れての更新です。


トレセンクラス、ジュニアユースと現場に出ました。
あまり現場に出られない状況が続いておりますが、現場は現場での担当スタッフが責任ある指導を行っているので僕はやはり裏方がメインです。

いやいや、

やっぱり現場が最高!
個人的には、なるべく現場に出られる環境を作りたいと思います。

今日のスタッフミーティングでは中村コーチが反省点と改善点を述べてました。
話の内容を聞くと、凄く良い捉え方をして、自分と向き合っているなと思いました。
僕自身も反省の繰り返しではありますが、スタッフ4人で話をすると色々な角度から物事を考えられます。
最終的にはベストだと思える答えを統一して現場で展開するのですが、
この積み重ねが子供達の成長にストレートに繋がります。
そして、自分達の成長にも繋がります。
何よりも、


4人で行うミーティングが楽しいんです!!
凄く大事なことですよね。
成長するための大前提。
子供達にも言っていることですが、コーチたちも同じです。

スクール後、ジュニアユースの練習後のミーティングが1番大事だと思っています。
このクラブの考え方、動き方の全てがこのミーティングで調整され、決まっています。
僕自身もとても勉強になるし、
楽しい。
進んでいるなと実感できる日々の積み重ねです。

楽しい!
最高!

posted by Takashi at 10:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

中学生の問題

「横須賀三浦の子供達は僕達の手で育てたい」


サッカーや教育に住所など関係ありませんが素直な感想です。

誤解が生じては困るのでもう少し書くと、
横須賀、三浦、逗子、葉山地区から子供達がライオンズに通ってくれています。
ライオンズを好きでいてくれる子供達でもあり、夢を叶える為に毎日頑張っている彼らを応援しています。
そんな子供達に住んでいる場所など関係ない。
もちろん関係ありません。
ただ、
「横須賀地区の子供達がサッカーの教育環境に満足できず横浜へ出てしまっている。」
これが問題であり悲しい現実です。
こんな環境に誰がした?
はっきり言って腹立ちます。

ライオンズの中学生が昨年度からスタートし、有難いことに子供達が集まってくれる環境が出来ました。
それでもまだ少数ですが、横浜へ出てしまう流れは止まっていませんね。

ライオンズジュニアユースは今年から公式リーグに出場するような実績のないチームです。
それでも昨年、今年と入団を希望してくれる人数の多さと子供達の意欲的な姿は、僕達にとって嬉しい結果となって表れています。
子供達が頑張り、コーチ陣が頑張ったからこそ1年目から素晴らしいチームになった。
子供達の将来を真剣に考えるからこそ自信を持って言いたいと思います。
誰よりも真剣にサッカーと向き合い、サッカー選手としてだけでなく、人として立派に成長したければライオンズで学ぶべきです。
現在もセレクションを行っている最中ですが、2年目も素晴らしいチームになることを確信しています。
クラブの管理をする当の本人が言う発言でもないだろうと考え、こういった言動を避けてきましたが、
子供の一生の問題だと考えると現状を知ってもらう必要性があるのではないかと考えます。

地域の子供達が外で指導を受けるなんて悔しいし恥ずかしいじゃないですか。
地元への還元を考えるからこそ、僕らにできることは最高の指導環境をこの地に作ることなのだと思います。
最後に、この年代の教育とはスパルタや強制でやらせることではありません。
確かな技術や豊かな発想力、自発的な行動力をはじめとするスポーツ選手として必要な能力の育成は、いかに子供達と細部まで向き合い、どのように接して伸ばすのかがとても大切な部分だと僕は考えます。
そしてこの過程に人格形成がなされ、人として学ぶべき姿勢や内容が集約されます。
キーファクターは向き合うこと。
僕は目先の結果に捉われず、日本人指導員と向き合うことをお勧めします。
若年層だからこそ大切なことです。

posted by Takashi at 01:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

応援ありがとうございました

本日、10月14日(日)は神奈川県リーグが開催されました。
地元横須賀での開催とありまして、選手達もこの日の為に必要以上に準備してきたことと思います。
結果は2−2の引き分けでしたが、会場にお越し頂いた皆さんの目にはどのように映ったことでしょうか。

思えば前回の横須賀開催。
およそ4ヵ月前に開催された試合では、皆さんの前で奮闘できず、悔しい結果を残しました。
勝ちたいから頑張る!
ライオンズの選手としてそれは当たり前のことです。
夜中まで頑張っているのも知っています。
しかし、その気持ちを会場で表現できなかったことが前回の敗因であり、結果以上に自分達の足りない点を痛感させられる試合となりました。
ミーティングを重ね、自分達のやるべきことを再確認し、敗戦からの成長を見てもらう日が今日の舞台。

きれいごとでは終われない。
泥臭くてもいい。
そんな気持ちが強くなりました。

わざわざ足を運んで下さった皆さん、スクール生を中心とする子供達、練習後に駆けつけてくれたジュニアユース、レディース、エンジョイチームの方々など、大勢の人達に戦う姿と気持ちを届けよう。
そのような準備をしてきた彼らの表現を観客席から見守りました。

引き分けという結果は残念でしたが、彼らの姿勢と力であればもっともっとできると信じています。
しかし、少なからず僕の目には成長した姿を見せて貰うことができたと感じています。

派手な表現ではありませんでしたが、必死さ。
すべてはこの言葉に尽きます。

トップチームとしての必死さ。
必死だからこそ先があり、必死だからこそ心に刺さる。

みんなの気持ちが僕の心には刺さったので、僕も必死でみんなのサポートをしたいと改めて思いました。
次は11月に今季ラストの横須賀開催!
慣れない地元開催という雰囲気にも少しずつ慣れ始め、次こそは最高のパフォーマンスで盛り上げたい。

やりましょうよ!
前進したいです。

本日は会場まで足を運んで下さった皆さん。
本当にありがとうございました。
選手達は応援して頂ける環境に喜びを感じ、やりがいを感じて努力を重ねております。
この積み重ねが地域の環境を変え、クラブのプロ化に繋がると僕は信じています。
その為にできることを全力で取り組みたいと思いますし、絶対に実現させます。
11月には今日以上のゲーム、成長した姿を必ずお見せ致します。
わがままではございますが、ぜひ会場で応援をして頂けましたら幸いです。
本日は本当にありがとうございました。


※僕自身は横浜で指導者講習があった為に最後まで会場にいることができませんでした。
ご挨拶できなかった方々に深くお詫び申し上げます。
--------------------------------------------------

P.S
先日のブログで書きました中村コーチ。
今日は選手としてピッチで頑張ってました。
指導を受けている子供達にはどのように映ったのかな。

僕は少し泣きそうでした。
技術的な部分も素晴らしいと感服しますが、気持ちが半端じゃなかった。
彼がfacebookに書いていた、
「子供達にプレーを見せてあげたい」という言葉は嘘ではなかったと思います。
スクールやジュニアユースで子供達の未来と向き合って指導するという意味を、
彼は背負ってプレーしていると思える見事な姿でした。
きれいごとではなく、パフォーマンスではなく、
強い想い。
伝わったのではないでしょうか。

累積警告で出場できなかった石川コーチも半端じゃない気持ちを持っていますので、
次はピッチで表現してくれることでしょう。

子供達には、彼らの姿勢と向き合うことで自らの成長に繋げてほしいなと思います。
コーチ陣だけでなく、トップチームの選手、関係者には求められることが多くて大変だと思いますが、
誰にでも立てる環境ではないからこそ、胸を張って前進していきましょう!


最高の選手生活だったと言えたら最高です。
さぁ次いこう。

posted by Takashi at 02:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

テンション上がった

1日の仕事を終え、
facebookを寝る前に読むのが日課な僕です。

友達がどんな1日だったのか知ることができるfacebook。
とっても楽しみに読んでいます。
寝る前のささやかな幸せ。
そのまま眠りに就くなんてもう最高!
寝るの?読むの?どっち?!
みたいなぎりぎりの戦いが最高なんです。

そんな楽しみ方で本日もfacebookを読んでいると、
眠気も覚める記事を発見!
掲載します。(勝手に)

>>
今日はとても良いことがあったぜ。
いつもと変わらず朝からジュニアユースの練習をみていると、疲れながらも一生懸命な子供達!
頑張ってるなー。
練習後に、「タツコーチこの後は仕事あるんですか?」と聞かれ、夜の8時から練習試合があると言ったら観に来るという。
観に来る訳ないでしょ?俺が中学生の頃だったら絶対に行かん!だって眠いじゃない。

それがウチのジュニアユースの子供達は本当に来るんだよね。それも10人位。
やばいよね?めちゃくちゃ嬉しいでしょ!教え子が練習試合まで観に来てくれるなんてかわい過ぎだよ。感動したよ。コーチ達のことを好きでいてくれてるのだなーと思った。
自分で言ってますが。

本格的に指導の道に入ってからもう半年。自分はちゃんと子供達にサッカーを教えてあげられているのか、指導者として成長しているのかとたまに不安になります。
自分はプロサッカー選手になるという夢をもう諦めました。でも子供達は違う。
未来があるし、今から頑張れば絶対になれると僕は信じている。
良い事や辛い事、たくさんの経験をしてきたからこそ子供達に伝えてあげたい。
指導者に自分がなるなんて想像もつかなかった。でも、今はこの道に入れたことを最高に嬉しく思う。
だって毎日楽しいもん!充実してるもん!子供めっちゃかわいいもん!

現役のうちに少しでも多くのプレーを見せてあげられたらいいな。
子供達よタツコーチはまだ頑張るぞ!
たぶんね。
寝よーっと。
>>

以上。
ライオンズ中村コーチの記事。

いかがでしょう?
皆さんどう思いますか?
文章力はさておき、
気持ちが伝わる良い記事だなと思い、勝手に掲載させて貰いました。
中村コーチごめんね。

僕は一緒に子供達の指導をする仲間として、
嬉しかったので掲載しましたが、
明日は6時起きにてジュニアユースの練習のため寝ます笑
感想はまた後日書きます!
ぜひ読んで下さい。

てか読め!
いや、読んで?
読んでもいいよ?


読んで下さいっ!!!
おやすみなさいっ!!!
寝ます!
posted by Takashi at 04:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。