2012年10月15日

応援ありがとうございました

本日、10月14日(日)は神奈川県リーグが開催されました。
地元横須賀での開催とありまして、選手達もこの日の為に必要以上に準備してきたことと思います。
結果は2−2の引き分けでしたが、会場にお越し頂いた皆さんの目にはどのように映ったことでしょうか。

思えば前回の横須賀開催。
およそ4ヵ月前に開催された試合では、皆さんの前で奮闘できず、悔しい結果を残しました。
勝ちたいから頑張る!
ライオンズの選手としてそれは当たり前のことです。
夜中まで頑張っているのも知っています。
しかし、その気持ちを会場で表現できなかったことが前回の敗因であり、結果以上に自分達の足りない点を痛感させられる試合となりました。
ミーティングを重ね、自分達のやるべきことを再確認し、敗戦からの成長を見てもらう日が今日の舞台。

きれいごとでは終われない。
泥臭くてもいい。
そんな気持ちが強くなりました。

わざわざ足を運んで下さった皆さん、スクール生を中心とする子供達、練習後に駆けつけてくれたジュニアユース、レディース、エンジョイチームの方々など、大勢の人達に戦う姿と気持ちを届けよう。
そのような準備をしてきた彼らの表現を観客席から見守りました。

引き分けという結果は残念でしたが、彼らの姿勢と力であればもっともっとできると信じています。
しかし、少なからず僕の目には成長した姿を見せて貰うことができたと感じています。

派手な表現ではありませんでしたが、必死さ。
すべてはこの言葉に尽きます。

トップチームとしての必死さ。
必死だからこそ先があり、必死だからこそ心に刺さる。

みんなの気持ちが僕の心には刺さったので、僕も必死でみんなのサポートをしたいと改めて思いました。
次は11月に今季ラストの横須賀開催!
慣れない地元開催という雰囲気にも少しずつ慣れ始め、次こそは最高のパフォーマンスで盛り上げたい。

やりましょうよ!
前進したいです。

本日は会場まで足を運んで下さった皆さん。
本当にありがとうございました。
選手達は応援して頂ける環境に喜びを感じ、やりがいを感じて努力を重ねております。
この積み重ねが地域の環境を変え、クラブのプロ化に繋がると僕は信じています。
その為にできることを全力で取り組みたいと思いますし、絶対に実現させます。
11月には今日以上のゲーム、成長した姿を必ずお見せ致します。
わがままではございますが、ぜひ会場で応援をして頂けましたら幸いです。
本日は本当にありがとうございました。


※僕自身は横浜で指導者講習があった為に最後まで会場にいることができませんでした。
ご挨拶できなかった方々に深くお詫び申し上げます。
--------------------------------------------------

P.S
先日のブログで書きました中村コーチ。
今日は選手としてピッチで頑張ってました。
指導を受けている子供達にはどのように映ったのかな。

僕は少し泣きそうでした。
技術的な部分も素晴らしいと感服しますが、気持ちが半端じゃなかった。
彼がfacebookに書いていた、
「子供達にプレーを見せてあげたい」という言葉は嘘ではなかったと思います。
スクールやジュニアユースで子供達の未来と向き合って指導するという意味を、
彼は背負ってプレーしていると思える見事な姿でした。
きれいごとではなく、パフォーマンスではなく、
強い想い。
伝わったのではないでしょうか。

累積警告で出場できなかった石川コーチも半端じゃない気持ちを持っていますので、
次はピッチで表現してくれることでしょう。

子供達には、彼らの姿勢と向き合うことで自らの成長に繋げてほしいなと思います。
コーチ陣だけでなく、トップチームの選手、関係者には求められることが多くて大変だと思いますが、
誰にでも立てる環境ではないからこそ、胸を張って前進していきましょう!


最高の選手生活だったと言えたら最高です。
さぁ次いこう。

posted by Takashi at 02:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。