2012年10月18日

中学生の問題

「横須賀三浦の子供達は僕達の手で育てたい」


サッカーや教育に住所など関係ありませんが素直な感想です。

誤解が生じては困るのでもう少し書くと、
横須賀、三浦、逗子、葉山地区から子供達がライオンズに通ってくれています。
ライオンズを好きでいてくれる子供達でもあり、夢を叶える為に毎日頑張っている彼らを応援しています。
そんな子供達に住んでいる場所など関係ない。
もちろん関係ありません。
ただ、
「横須賀地区の子供達がサッカーの教育環境に満足できず横浜へ出てしまっている。」
これが問題であり悲しい現実です。
こんな環境に誰がした?
はっきり言って腹立ちます。

ライオンズの中学生が昨年度からスタートし、有難いことに子供達が集まってくれる環境が出来ました。
それでもまだ少数ですが、横浜へ出てしまう流れは止まっていませんね。

ライオンズジュニアユースは今年から公式リーグに出場するような実績のないチームです。
それでも昨年、今年と入団を希望してくれる人数の多さと子供達の意欲的な姿は、僕達にとって嬉しい結果となって表れています。
子供達が頑張り、コーチ陣が頑張ったからこそ1年目から素晴らしいチームになった。
子供達の将来を真剣に考えるからこそ自信を持って言いたいと思います。
誰よりも真剣にサッカーと向き合い、サッカー選手としてだけでなく、人として立派に成長したければライオンズで学ぶべきです。
現在もセレクションを行っている最中ですが、2年目も素晴らしいチームになることを確信しています。
クラブの管理をする当の本人が言う発言でもないだろうと考え、こういった言動を避けてきましたが、
子供の一生の問題だと考えると現状を知ってもらう必要性があるのではないかと考えます。

地域の子供達が外で指導を受けるなんて悔しいし恥ずかしいじゃないですか。
地元への還元を考えるからこそ、僕らにできることは最高の指導環境をこの地に作ることなのだと思います。
最後に、この年代の教育とはスパルタや強制でやらせることではありません。
確かな技術や豊かな発想力、自発的な行動力をはじめとするスポーツ選手として必要な能力の育成は、いかに子供達と細部まで向き合い、どのように接して伸ばすのかがとても大切な部分だと僕は考えます。
そしてこの過程に人格形成がなされ、人として学ぶべき姿勢や内容が集約されます。
キーファクターは向き合うこと。
僕は目先の結果に捉われず、日本人指導員と向き合うことをお勧めします。
若年層だからこそ大切なことです。

posted by Takashi at 01:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。